紀伊国屋文左衛門:伝説の江戸商人にインスパイアされた酒

紀伊国屋文左衛門伝説2021年10月11日

紀州(和歌山県の旧称)を代表する財閥・紀伊国屋文左衛門は、江戸時代、紀州みかんを命がけで運ぶ船「紀の国みかん船」で一財産を築きました。江戸。

和歌山県の有田は古くからみかんの栽培で有名です。みかんは、1547年に九州の八代から渡来したとされ、有田は平地が少なく米作りが困難だったため、ここに根付きました。

mikanyama_002_1603935613131_1200

1634年、有田の滝河原藤兵衛は、船で江戸(現在の東京)にみかんを送ることにしました。そこで人気を博し、それ以来、有田みかんは常に高い需要がありました。ところがある年、江戸で毎年恒例のふいごまつり(みかんを子供たちに投げる風習がある)が近づくと、海が荒れて航行できなくなり、みかんを育てる農家も商人も大変な思いをしました。トラブルにあっている。

しかし、後に紀伊国屋文左衛門となる17歳の青年は、みかんの出荷を志願。これでも危険な旅になるだろう、彼はオレンジを今出荷すれば飛ぶように売れることを知っていた.紀伊国屋文左衛門は2人の友人と共に困難を乗り越え、無事にみかんを江戸に届けました。文左衛門はみかんを売って稼いだお金で江戸の材木商となり、財を成したとされています。

みかんレキシ3

紀伊国屋文左衛門 純米生長蔵集

和歌山に本拠を置く中野BCは、プレミアム梅酒で最も有名ですが、高級酒ブランド「長久」と「紀伊國屋文左衛門」も醸造しています。銘柄「紀伊國屋文左衛門」は、この物語に着想を得て、和歌山らしい米の優しい味わいの酒を目指して、より高い品質で醸造されています。

和歌山らしいしっかりとした米の風味が優しい味わいの生原酒です。一度加熱処理を施した生酒ならではの爽やかさと、他の生酒にはないしっかりとした優しい香り。冷やしてお召し上がりいただくことをお勧めします。バランスのとれた爽やかな味わいをお楽しみください!

コメントを残す

コメントは公開前に承認が必要です。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。