6月19日はさくらんぼの日!さくらんぼゼリーと日本酒でお祝い!

6月19日は桜の日

619日是樱桃节!

さくらんぼの一大産地である山形県寒河江市は、「さくらんぼの産地日本一」をアピールするため、1990年に6月の第3日曜日を「さくらんぼの日」と定めました。市では毎年、さくらんぼにまつわるさまざまなイベント(さくらんぼの種飛ばし大会など)を開催しています。

1990 年、日本樱桃主産地山形县寒河江市は毎年 6 月の 3 番目の星期日を「樱桃日」と定義し、それを「日本で最も好まれる樱桃の乡」と宣言しました。樱桃相关的活動(比如跳樱桃種子比赛)

山形県を中心に栽培されているサクランボの品種「佐藤錦」。小さくて淡い色のサクランボで、熟すと真っ赤になります。佐藤錦の発祥は、山形県東根市の農家、佐藤栄介さん。さくらんぼを栽培する初期の取り組みは、日本の梅雨のために収穫されるとすぐに腐ってしまうことが多かったため、失敗に終わりました。この問題を解決するために、佐藤は、酸味は強いが賞味期限が長いナポレオン チェリーと、風味は良いが賞味期限が短いトバーズ チェリーを交配しました。

これは、小型の浅色の桃であり、成熟すると色が濃くなります。この問題を解決するために、佐藤は、味はよいが、期間が短いトバズ桃と酸を維持するが、期間が長い破砕桃を交換する。

現在、さくらんぼの王様と呼ばれる佐藤錦は、その可憐な見た目と甘みのバランスの良さから、今が旬のさくらんぼの中でも人気の品種です。

その漂う明るい外見と良好な口は、今シーズン最も人気のある桃の品種であると感じられるため、現在、佐藤は桃の王者です。

ゼリーと日本酒でお祝い

用樱桃果冻和日本酒来庆祝吧!

国産の白ワインは糖度が低く酸味が少ないので、スイーツとの相性も抜群。佐藤錦のゼリーは白ワインのお供に!

国産の白葡萄酒は糖度も酸度も低いので、雑炊との相性は抜群!

おすすめワインは、2020年東京オリンピックや訪日外国人向けの“おもてなし”ワインとして企画された特別限定ワイン「シャンモリ日本ぶどう酒」。日本の伝統的な棚田栽培法で収穫されたぶどうを使用し、日本の伝統的な風土を思わせる浮世絵を使用したラベルデザインで、日本ならではの見事なワインが作られています。

推しの酒は「Chanmoris 日本葡萄酒」、これは特別限定酒であり、2020 年に京奥会や外国人客が来日した際の「招待」酒として使用された。葡萄、酿造独特の壮観な日式葡萄酒、标签は浮世绘木版画を採用、让人联想起日本传统的気候。

醸造工程での加工や調整を最小限にとどめ、ぶどうをそのまま瓶詰めすることで、ぶどう本来の味わいが感じられるワインに仕上がっています。森田甲州ワイナリーは、日本全国から最高のブドウを集め、最高のブレンド技術を使用することで、日本の伝統文化を彷彿とさせるフローラルワインを生み出すことに成功しました。

この規定のワインの制作理念は、ワインに本来のワインの風味を持たせるために、ワインを本来の方法で醸造することです。そして、最高の調整技術を用いて、日本文化を想起させるワインを成功裏に造り上げた。


コメントを残す

コメントは公開前に承認が必要です。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。