美味しい日本酒をワイングラスで!

秋田名城とブランド尾州らんまん

良質なお米と豊かな水で造る、それが秋田の酒です。秋田県は東北有数の米どころであり、もちろん日本屈指の酒蔵も数多くあります。

この高級酒のまろやかで重厚な味わいを全国に広めたいと、大正11年(1922年)、蔵元、政治家、投資家が集い、秋田銘醸を創業し、尾州蘭万のブランドが誕生しました。秋田式低温ゆっくり醗酵方式を採用し、まろやかで柔らかな口当たりの上品な酒造りにこだわっています。

尾州らんまんは創業以来一貫して「酒質第一」の理念を貫き、秋田県湯沢市の自然風土と特性を生かした醸造法により、均一な品質の酒を安定的に供給することを意識してきました。現在、尾州らんまんは愛飲家に支持され、全国的に知名度の高い銘柄となっています。

ワイングラスで美味しい日本酒

2017年ワイングラスでおいしい酒大賞金賞を受賞したらんまん「かおり」の純米大吟醸は、地元湯沢雄勝産の酒米「秋田酒こまち」を100%使用。酵母は米のフルーティーな香りを引き立てる「こまち酵母スペシャル」を使用。フルーティーでフレッシュな香りと軽やかで上品な味わいが特徴です。ワイングラスで飲むとフルーティーな味わいの純米大吟醸です!


コメントを残す

コメントは公開前に承認が必要です。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。