6月のベストセラー日本酒は黄桜山廃!山廃醸造技術の歴史を学ぶ

6月のベストセラー日本酒は黄桜山廃持込720ml!

毎日飲むのに素晴らしく手頃な価格の日本酒である黄桜山廃持込は、日本食レストランの定番であり、それには正当な理由があります.まろやかで柔らかな酒で、温度によって異なる特徴が生まれ、自分の味覚を探ることができます。その名の通り、興味深い歴史を持つ山廃製法で造られたお酒です。

日本酒は伝統的に生酛と呼ばれる製法で醸造されていました。この製法では、糖化(糖転換)プロセスを促進するために、木製の櫂を使用して米と麹をすりつぶしてピューレにする必要がありました。寒い冬の深夜から早朝にかけて行われるこの作業は、醸造所の労働者にとって大変な重労働でした。このすりつぶす行為は「山おろし」と呼ばれ、文字通り「山をたたく」という意味です。

山おろし
山おろし

しかし、1909 年に国立醸造研究所の著名な研究者である鍵欽一郎が、生酛の有名な櫂のすりつぶし工程を完全に省略することができ、米が自然に溶けて同様の結果が得られることを発見したとき、これはすべて変わりました。温度を少し高めに保ち、水を少し多めにするのがポイントです。山おろしが廃止されたので、山おろしはいしと呼ばれ、略して山拝になった。

今日、生酛と山拝は天然の乳酸菌の力を利用しているのに対し、ほとんどの日本酒は、最初に乳酸を少し加える速醸と呼ばれるさらに進化したプロセスで製造されています。速醸法はより速く簡単で、よりクリーンな風味につながりますが、ゆっくり発酵する山廃プロセスは、より豊かで、より深く、はるかに顕著な風味を生み出します.

黄桜山廃持込がベストセラーになったのには理由があります。

コメントを残す

コメントは公開前に承認が必要です。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。