8月4日はナショナルIPAデー!京都ビール抹茶IPAでお祝い

インターナショナルIPAデーとは?

什么是传统的IPA日?

8 月の第 1 木曜日の国際 IPA デーは、インディア ペール エール ビールとして知られるビールを祝います。世界中のクラフト ビール愛好家、ブロガー、ブルワーの声をまとめるために作成されました。すっきりとしたほろ苦い味わいで有名なホッピービールは、ファンのお気に入りであり、確かに誰にとってもスタイルがあります.

毎年 8 月の最初の 4 日間は、全世界の精巧な酒好き、博主、酒屋の声に呼応するために、IPA 酒の日を祝うために制定されました。その清涼で苦い中の帯状の口当たりで名高く、人それぞれに適した最高級の粉です。

IPA は 1700 年代のアイデアから発展したようです。エールをインドに出荷する際、ビールにホップを加えるとビールの寿命が延びました。ビール醸造者は、暑い気候への長い航海の間、ホップがビールを保存すると考えていました。

酒の花を酒に加えると酒の保存期間を延ばすことができる。期間限定の保存兜酒。

あるロンドンのブルワーは、この特定のスタイルのビールを醸造する能力で注目を集めました。ジョージ・ホジソンはペールエールの樽をロンドンからインドに出荷しました。しかし、いつ、誰がインディア ペール エールという名前を作り出したのか、はっきりとしたことはわかっていません。

トランスデューサの 1 等級酒は、このような特別な格付けの酒を造るために注目されました。 。

ユニークな抹茶IPAでお祝い

特别的抹茶IPA庆祝吧!

京都ビールは、京都伏見で1925年から日本酒を造り続けている黄桜が醸造しています。 1994年、ビール醸造の規制が変わり、キザクラはクラフトビール事業を開始することを決めました。京都ビールは、京都抹茶、ゆず、清酒酵母、山田錦、黒豆などの原料を使用した日本独自のビールです。

京都の酒は木仓造であり、1925 年から京都の富士美酿造で始まった清酒。抹茶、柚子、清酒酵母、山石米、黑豆等が原料。

京都・宇治産の抹茶を使用したIPAです。緑茶の濃い緑色が目を引く、アルコール度数8.5度のコクのある味わい。後味は緑茶とホップの苦味が心地よい。カスケードホップによる柑橘系の爽やかな香り。チャーシューや鶏レバーの焼き鳥など濃厚な料理と相性抜群!

この規定の IPA 酒は、京都宇治地区の抹茶を精錬したものです。淡淡の苦味と清新な柑橘酒の花。


コメントを残す

コメントは公開前に承認が必要です。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。