3月8日はさばの日!サバ缶と日本酒のペアリング

3月8日はさばの日!

さばの日は、大阪府豊中市のサバ製品専門の会社が創業しました。 「さばの日」という名前の由来は、3と8がそれぞれ「さ」と「ば」と読めることから、日本語の言葉遊び(ごあわせ)に由来します。古くから日本人に恩恵をもたらしてきたサバに感謝し、サバに興味を持ってもらうために制定された日です。

p1.TIFF

サバは縄文時代(紀元前10500年頃~紀元前300年頃)から食されており、日本人にとって身近な魚です。サバは近海で獲れますが、サバは鮮度が落ちやすいことから扱いが難しく、「さばのいきぐされ」ということわざにもあるように、サバは新鮮そうに見えても、それは実際に腐敗し始めており、有毒になる可能性があります。別の一般的な用語「サバをよむ」(自分の利益のために数字について嘘をつくこと)は、大量に販売するサバの量を偽造または偽装する魚屋のおそらく一般的な行為に由来すると言われています.

鮮度がすぐに落ちてしまうというデメリットを克服するため、加工技術が開発されました。食中毒を防ぐために酢を使った「シメサバ」など、サバのユニークな食べ方も開発されました。日本はおいしい缶詰を作る技術を習得しているので、サバを缶詰で楽しむもう 1 つの素晴らしい方法です。

f1625c31baadacae6bf430bfee4dba4a_s

サバ缶と日本酒の相性抜群!

魚にはうま味があり、旨味のあるタレと合わせることで、お酒の味を引き立てます。さばの缶詰は、忙しい毎日に、お酒とちょっとしたおつまみでほっと一息つきたいときにぴったり。サバの味は塩・甘口醤油・味噌の3種類。おすすめのお酒と合わせることで、それぞれの味わいが生まれます。

おすすめのペアリング日本酒は、自然豊かな新潟県魚沼地方にちなんで名づけられた淡麗魚沼純米。優れた米の産地である魚沼地域は、古くから蔵人に愛されてきた歴史があり、それが魚沼酒に表れています。滑らかでまろやかな口当たりと、弾ける以上の心地よい酸味のバランスが特徴です。この純米はうま味が高く、魚料理によく合います。最も暑い日には、さわやかでドライ、チャガブル。

コメントを残す

コメントは公開前に承認が必要です。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。