3月14日はポテトチップスの日!ユニークな常陸野エールでお祝い

3月14日はポテトチップスの日!

3 月 14 日の National Potato Chip Day は、世界中で人気のスナック食品を祝います。ポテトチップスの種類が豊富で、食べたことのないものが必ず見つかるので、みんなで楽しめる1日です!

ポテトチップスの起源といえば、すべては 1853 年 8 月 24 日、不満を抱いていたレストランの客がポテトをキッチンに送り返し、ポテトが厚くてねばねばしていると不平を言い続けたことから始まりました。シェフのジョージ・クラムは、じゃがいもをできるだけ薄くスライスし、カリカリになるまで炒め、塩を追加することにしました。シェフの驚いたことに、顧客はそれらを愛していました.カリカリのポテトは、すぐに「サラトガチップス」という名前でレストランのメニューの定番になりました。

20 世紀になると、ポテトチップスはシェフが調理するレストランの料理にとどまらず、家庭で消費するために大量生産されるようになりました。米国で最初のフレーバー チップスであるバーベキュー フレーバーは、1954 年までに製造、販売されていました。

comptoir-bar-verre-biere-assiette-frites_159938-2066

ビールとポテトチップスの相性は抜群

ゲームや映画を見ながら、氷のように冷たいビールと一緒にポテトチップスを食べるのが好きではない人はいますか?おいしいポテトチップスの塩気のある歯ごたえと、ビールの冷たくて風味豊かなホップは完璧な組み合わせです。お気に入りのポテトチップスと一緒に特別な一杯を味わってみませんか?

世界クラスの酒造りで知られる木内酒造は、1996 年初めに常陸野ネストビールを設立しました。ビール愛好家の毎日を豊かにする最高の醸造。

常陸野ネスト ダイダイは、国産のふくれみかんの果皮を使って醸造された非常にユニークなビールです。 「キウチ/ヒタチノ」の哲学で、オレンジ/マンダリンの非常に集中したノートがあり、フィニッシュはかなりドライです。ふくれみかんは、醸造所近くの筑波山周辺でしか栽培されていない、約1500年の歴史を持つ野生のみかんです。 「福来」は文字通り「幸せが来る」という意味で、幸せの象徴でもあります!


コメントを残す

コメントは公開前に承認が必要です。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。