コンテキ 純米大吟醸 純潔の象徴

東山酒造

東山酒造は京都市南部、伏見の酒どころとして知られています。杜氏は、酒造り歴40年以上の南部杜氏保坂康夫氏。杜氏とそのチームは伝統的な酒造りのスタイルを尊重しており、東山の酒の味は非常にクラシカルで本格的です。東山酒造には、こんてき、魯山人、六元、楽傳の4つの銘柄があります。

米の品種にはそれぞれの風味の特徴があり、蔵元はそれを酒の風味に引き出すよう努めています。例えば、こんてきは鳥取県産の特別栽培山田錦、魯山人は京都府産の岩井米を使用。これは、ブランド間の違いを確立するときに非常に役立ちます。東山産の酒の色は透明ではありませんが、酒本来の風味を保つために非常に穏やかにろ過されているため、淡い鮮やかな黄色です。

伏見の蔵元同様、東山酒造でも湧き水「伏水」を使用。カリウムとカルシウムをバランスよく含む中硬水です。日本酒の80%は水分であり、伏水は東山の酒に欠かせない原料です。

コンテンツ1コンテンツ3

こんてき純米大吟醸

こんてきは、東山酒造の旗艦銘柄です。鳥取県産の特別栽培山田錦を使用しているため、濃厚で芳醇な味わいです。

純粋さの象徴であるこの酒は、ほとんどの香り高い純米大吟醸よりも繊細でニュアンスがあります。それは、禅仏教と「わびさび」の理想に基づいています。芸術の美しさは、真珠のシンプルなストランドと同じくらい控えめで純粋でなければならないという信念です.鮮やかなフローラル アロマのブーケから始まり、ベルベットのように危険なほど滑らかなフィニッシュが続きます。これはすするだけでなく、ホタテ、豚肉、その他の軽い肉との相性も抜群です。

コメントを残す

コメントは公開前に承認が必要です。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。