かがのつき月光 やわらかな輝きと白く輝く酒瓶の月

嘉悦酒造

嘉悦酒造の歴史は幕末(1603年~1868年)にまでさかのぼり、お客様に喜んでいただける酒造りを目指して技術を磨き、近年では吟醸酒造りが高く評価されています。 .極上の清酒が醸し出す清らかな味わいと、控えめな自然な香りが特徴で、雪深い北陸でも非常にデリケートな酒蔵です。

酒蔵は水が命だとよく言われます。日本三名山の一つ白山の麓にある嘉悦酒造。雪解け水は白山系の冷たく澄んだ伏流水。理論によると、この水は少なくとも100年かけてゆっくりと地下深くをろ過して井戸に到達します.

清酒業界最高峰の品評会である国立醸造技術研究所主催の全国新酒鑑評会で15回の金賞を受賞するなど、数々の賞を受賞。 2012年、2013年には、スウェーデン・ストックホルムで開催されたノーベル賞授賞式に続くノーベルナイトキャップの日本酒に、蔵元の代表銘柄「加賀の月」が選ばれました。



加賀の月 月光 純米大吟醸

かがのつきムーンシリーズは、哲学者の味覚を持つ人のために作られています。無形のアートフォームを追求する嘉悦酒造は、月の柔らかな輝きと白い輝きを徳利の中に捉えることを目指しました。そして、彼らは成功しただけかもしれません。 「月明かり」を意味する月光は、神秘的で静かで思慮深いイメージを呼び起こし、この酒が 1 つのボトルに閉じ込めることを目指しています。

石川県産五百万石を50%精米した純米大吟醸です。 2016年全国かんざけコンテスト プレミアムかんざけ部門「最高金賞」を受賞した「かがのつき 月光」。優しい香りとまろやかで深みのある味わいで、お米の旨みを存分に感じられます。月明かりの下で飲むお酒は、格別のひと時になること間違いなし!

コメントを残す

コメントは公開前に承認が必要です。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。