7月19日はやまなしももの日!ジューシーな桃のリキュールでお祝い

山梨県は桃の生産量日本一

「百」の漢字は「もも」と読み、桃の読みと同じであることから、百の倍数である200日が記念日として選ばれました。桃の出荷時期でもあり、生産量日本一を誇る山梨県の桃をPRするイベントです。

山梨県は、全国でも有数の居住面積を誇りますが、ぶどう、もも、すももなどの生産量が全国一で、さくらんぼやネクタリンなどの果物の生産量も多く、フルーツの王国として知られています。 、フルーツ王国。

山梨県は桃の生産量日本一を誇り、味も最高で、果肉は甘くジューシーで、一度食べたらやめられません。 7 月から 9 月の初めにかけて、モモの収穫にすべての注意が向けられます。山梨県では、大きさと甘みで有名な白鳳のように、数種類の桃が栽培されています。

mak-253_main

ごしん桃酒 ジューシーな桃のリキュール

金剛山の麓に位置する五条市で大正10年に創業した五条酒造は、周囲の山々や敷地内の井戸水、奈良県産米など、地元の厳選された素材のみを使用して酒造りを続けています。 .地元の方々から「ごしんさん」と呼ばれ、古くから親しまれている日本酒ブランド「ごしん」。最近では女性に人気のリキュールも作り始めました。

リキュールの中でも特に売れているのが「ごしんもも酒」。山梨産の白桃を使用した、みずみずしくみずみずしく、果肉のきめの細かい甘口の桃酒です。ロックやソーダ割り、アイスクリームやデザートと一緒にお楽しみください。

コメントを残す

コメントは公開前に承認が必要です。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。