ジューシーな餃子とビールの相性は抜群!

テイクアウト餃子を食べてみよう

焼き餃子は、日本で餃子を調理する最も一般的な方法です。餃子はフライパンで片面を揚げてから、少量のコーンスターチを混ぜた水を熱い鍋に加えてから、数分間蓋をします.調理中、餃子同士がくっついて1つのユニットを形成することがあります。これらは羽根つき餃子と呼ばれ、文字通り「翼のある餃子」です。これらの餃子は、焼き面を上にして提供されます。

餃子は日本で最も人気のある食べ物の一つです。焼き餃子の肉のうまみがたまらない。ジューシーで食べごたえのある餃子は、ビールのお供に大人気で、ラーメンのお供によく食べられます。餃子はほとんどの日本食レストランやアジア料理店でテイクアウトやデリバリーが可能です。

焼き餃子に合うお酒はもちろんビール!ビールはほろ苦い味わいと炭酸が特徴。このビターな甘みが濃厚な餃子によく合います。餃子はとてもジューシーですが、少し油っこいので、ビールを飲むと脂っこさがスッキリし、炭酸が口の中をすっきりさせてくれます。餃子の味がビールの苦味をまろやかにし、相乗効果抜群です。また、ビールはアルコール度数が低いのでサッと飲めます。

d58351-5-747353-9

餃子と爽やかな柚子ラガーのペアリング

さわやかなビールといえば、常陸野ゆずラガーがこのカテゴリーの勝者になると確信しています!フルーティで柑橘系の味わいがあり、深い苦みのあるエッジの効いたビールです。ゆずのさわやかな酸味とラガーのシャキシャキ感が餃子にぴったり。爽やかな柚子の風味と心地よいモルト感が口に広がります。ビールはほのかなホップの苦味で終わり、柑橘系の特徴が全体に残ります。

アルコール度数が 5.5% と比較的低めのゆずラガーは、大量に飲むことができ、冷やしてリフレッシュする強力な能力で炭酸の魔法を働かせることができます。ジューシーな餃子と爽やかな柚子ラガーの組み合わせをお楽しみください!


コメントを残す

コメントは公開前に承認が必要です。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。