世界遺産・白川郷で開催されるどぶろく祭りをイメージした純米にごり酒をご紹介!

白川郷どぶろく祭り

長い間、世界と隔絶された山岳地帯に位置する白川郷は、合掌造りの家屋を擁し、桑の栽培と蚕の養蚕で生計を立てていました。急勾配の茅葺き屋根の大規模な家屋は、日本で唯一の例です。

白川郷では、9月下旬から10月中旬にかけて、どぶろく祭りという形で山の神様にお供えをします。白河村の各地の神社で神事が行われ、獅子舞や村の歴史と伝統を祝う民謡や民謡が披露されます。そしてもちろん、その名の通り、どぶろく(どぶろく)を神前にお供えします。

白川郷ブランドは、三輪酒造の六代目杜氏が白川村長の依頼で、どぶろくを誰でも気軽に飲んで買えるようにと、祭りで出されるのと同じようなどぶろくを作ってほしいと依頼されたのが始まりです。今年の。しかし、当時はどぶろくを年中販売するという前例がなく、当初は酒税法上販売が認められていませんでした。しかし粘り強い交渉の末、国税庁はどぶろく酒の違法な製造・流通を防ぐ最善の方法であると認め、販売を許可した。これを聞いた白川村は大喜びし、村議会は白川郷の商標名を認定した。



白川郷 純米にごり酒

白川郷純米にごり酒は、白川郷で行われたどぶろく祭りにちなんで名づけられた、通常の日本酒の2倍の米を贅沢に使用した純米にごり酒です。どぶろくは酒の中に醪を入れたままにするため、非常に濃く濁った酒になります。この濃さと米本来の旨みが、清酒のような上品な甘みを醸し出し、1年を通して安定した味わいをお楽しみいただけます。 10度に冷やしていただくか、真夏のロックでお召し上がりください。

また、暑い夏にぴったりのすっきりとした軽やかな味わいのお酒です。あっさりとした味わいは、こってりとした料理との相性も抜群です。焼き肉と鶏肉の相性抜群!ご自宅でのBBQの際にぜひお試しください。

レモネードまたはソーダ水と白川郷純米にごり酒を同量加えて、爽やかな夏のカクテルに!


コメントを残す

コメントは公開前に承認が必要です。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。