熱燗で身体が温まり、新たな味わいが生まれる

燗酒の魅力

日本酒を他のほとんどのアルコール飲料と区別する興味深い特徴の 1 つは、氷点下から熱々まで幅広い温度で飲めることです。温度が少しでも変わると香りや味わいが変わるので、気分に合わせて同じお酒でもいろいろな飲み方ができます。

日本酒温度ガイド

55°C/131°F: 飛切館 (飛びきり燗):非常に暑い.風味を強くスーパードライにします。
50°C/122°F: あつかん (熱燗):ホットホット.シャープなフレーバーとドライなフィニッシュ。
45°C/113°F: Jo-Kan (上燗):少し暑い.グラスに注ぐと湯気。
40°C/104°F: ぬるかん (ぬる燗):ぬる燗。アロマが最も開きます。マイルドな風味。
35°C/95°F: 人肌燗 (ひとはだかん):体温。米や麹の香りが豊かになります。
30°C/86°F: 日向館 (日向燗):日光が暖められた.アロマと滑らかなテクスチャーを明らかにします。
18-28°C/64-82°F: 冷や:室温。本来の味と香りがそのまま楽しめます。
15℃:涼冷(すずひえ):ややひんやり。香ばしい香りと濃厚なテクスチャー。
10°C/50°F: 花冷え (はなひえ):寒い。すっきりとした味わい。
5°C/41°F: 雪冷 (ゆきひえ):とても寒いです。アロマは控えめ。きれいな仕上がりが楽しめます。

日本酒のあたため方

下のビデオの手順に従って、電子レンジで簡単に日本酒を温めることができます!

おすすめ燗酒

すべての日本酒が加熱に適しているわけではありません。吟醸タイプや生酒タイプなどの高級タイプは、香ばしい香りや繊細な風味が失われるため、温めないでください。ウォーミングアップには、ややコクがあり、旨味と酸味のある日本酒を選びましょう。純米タイプ、一部の本醸造タイプ、普通酒は燗が最適です。

おすすめは、味や料理に合わせてさまざまな温度で楽しめるベーシックな純米酒「永君70 純米酒」です!


コメントを残す

コメントは公開前に承認が必要です。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。