秋田県に行ったことがありますか?

秋田県に行ったことがありますか?

秋田県は、日本海側に位置する大きな県です。山が多く、険しく、伝統的な県は、今でも日本の自然美の場所の 1 つです。秋田県に行ったことがある人なら、江戸時代(1603~1868年頃)に武家屋敷が建てられた角館や、山中に温泉旅館が点在する乳頭温泉郷などの有名な観光スポットを訪れたことがあるでしょう。

秋田

稲作が盛んな秋田県は、お米も食文化も美味しいのも頷けます。秋田の食といえば、秋田県の郷土料理であるきりたんぽを食べたことがある人も多いと思いますが、その調理法には細心の注意が払われています。炊きたてのご飯を少しつぶれるまで搗き、杉の串に刺し、囲炉裏で炭火で焼き上げます。

秋田は東北屈指の米どころであり、酒造りも盛んで、秋田を代表する酒蔵の酒を飲んだことがある人も多いのではないでしょうか。

BeFunky-コラージュ (25)

秋田名城

良質なお米と豊かな水で造る、それが秋田の酒です。この高級酒のまろやかで重厚な味わいを全国に広めたいと、大正11年(1922年)、蔵元、政治家、投資家が集い、秋田銘醸を創業し、尾州らんまんが誕生しました。尾州らんまんは創業以来一貫して「酒質第一」の理念を貫き、秋田県湯沢市の自然風土や特性を活かした醸造法により、均一な品質の酒を安定的に供給することを意識してきました。

らんまん 純米マナグタコ 秋田県のJAこまちと契約栽培したあきたこまちを100%使用。お米の旨みを存分に活かしたお米です。米100%の風味と適度な酸味、バランスのとれたフレッシュな香りが特徴です。ラベルの凧絵は、般若の面と目(まなこ)がデザインされた湯沢万形凧(湯沢凧とは元禄時代からの伝統で、万形とは純粋なトビのことを指します)です。秋田酒の良さがわかるお酒です!

 

コメントを残す

コメントは公開前に承認が必要です。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。