2月18日はナショナル・ドリンク・ワイン・デー!シャンモリス日本武道酒で祝おう

2月18日はナショナル・ドリンク・ワイン・デー!

毎年 2 月 18 日はナショナル ドリンク ワイン デーです。ナショナル ドリンク ワイン デーの目的は、ワインの愛と健康上の利点を広めることです。ワインは、歴史、宗教、人間関係において重要な役割を果たしてきました。私たちは、新しい友達、心臓病のリスクの軽減、食事と生活の向上など、ワインのプラスのメリットを受け入れています。

この機会の起源は不明ですが、ワインメーカーまたはワイン愛好家のいずれかがこの日を作成したと考えられています。おそらく、この日はワインを飲むことを思い出させる日であり、1 年を通して行われる多くのワイン ホリデーと同様です。良いワインを楽しむ理由はありませんが、お気に入りのワインにコルクをはめたり、新しいワインを試したりする理由を見逃すのはもったいないと思います。

x3HWU0v7g

日本ワインでお祝い

森田甲州ワイナリーの創業は1973年。しかし、その歴史には深い歴史があります。 1881年、森田甲州は愛知県常滑市小鈴谷にぶどう園を開き、ワイン大国フランスのようなワイン造りに挑戦。しかし、当時世界的に猛威を振るったフィロキセラ(根アブラムシ)が森田ぶどう園を襲い、たちまちぶどう園は壊滅。残念ながら、フランスに匹敵するワインを生産するという夢は実現しませんでした。

森田甲州ワイナリーは、日本のボルドーと呼ばれるワインの名産地である勝沼に、一度打ち砕かれた夢を引き継ぐために設立されました。ワイン造りへの情熱は100年を超え、今もワインメーカーに受け継がれています。

ex_chanmori2014

醸造工程での加工や調整を最小限にとどめ、ぶどうをそのまま瓶詰めすることで、ぶどう本来の味わいが感じられるワインに仕上がっています。良いワインは良いブドウから、自然の恵みへの感謝を忘れないという想いを大切にしたワイナリーです。

シャンモリ日本ぶどう酒は、2020年東京オリンピックや訪日外国人向けの“おもてなし”ワインとして企画した特別限定ワインです。日本の伝統的な棚田栽培法で収穫されたぶどうを使用し、日本の伝統的な風土を思わせる浮世絵を使用したラベルデザインなど、日本ならではの華やかなワインに仕上がっています。日本全国から選りすぐりのぶどうを集め、森田甲州ワイナリーが培ってきたブレンド技術の粋を集め、極秘のアッサンブラージュを行うことで、日本の伝統文化を思わせるフローラルな日本ワインに仕上がっています。

ナショナル ドリンク ワイン デーに、この特別なホスピタリティ ワインをお楽しみください。

コメントを残す

コメントは公開前に承認が必要です。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。