12月10日はナショナルラガーデー!ゆずラガーでお祝い!

12月10日はナショナルラガーデー!

ラガーは、コールドコンディショニングプロセスを使用することで、他のビールと区別されます。このプロセスは「下面発酵」と呼ばれ、低い温度で効果的に働く酵母株を使用するため、酵母の働きが弱まり、二酸化炭素の生成が遅くなります。これにより、ビールの乱流が少なくなり、ライフサイクルの早い段階で酵母が沈殿します。冷蔵庫が登場する前は、醸造業者は地面を掘って氷を詰めたセラーでこのプロセスを完成させていました。おいしい結果を味わった人は、ラガーを「さわやか」で「さわやか」と表現しました。この方法が普及し、地域や国のブランドと同義の多種多様な醸造物が生み出されたのも不思議ではありません。

淡い、琥珀色、濃い色から非常に多くの選択肢があり、多くの工芸品の種類は言うまでもなく、あなたの楽しみのための無限の可能性があります.その日の背景は比較的知られていませんが、ブルワリーとラガー愛好家の両方が国の行事を楽しんでおり、お気に入りのラガーを楽しんだり、新しいラガーを試したりする絶好の機会であると信じています!

ビール_エール_ラガー

ゆずラガーでお祝い!

この日だけの特別な何かを試してみたいなら、常陸野ゆずラガーがきっとあなたを失望させません!

茨城県にある木内酒造は、1823 年から美しい酒を造り続けています。現在、この柚子ラガーなどの賞を受賞した製品で、ビールの世界にも足を踏み入れることに成功しています。

常陸野ネストゆずラガーはフルーティで柑橘系のフォワードビールで、深く苦いエッジがあります。爽やかな柚子の風味と心地よいモルト感が口に広がります。ビールはほのかなホップの苦味で終わり、柑橘系の特徴が全体に残ります。爽やかで飲みやすいラガーは、ビール好きにはたまらない一品です!

コメントを残す

コメントは公開前に承認が必要です。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。