6月21日は日本のスナックデー!網走ビールでお祝い

スナックデーの由来

スナックの日である6月21日は、多くの場合、1年で最も日照時間が長い夏至に当たります。地域によっては、ちまきに似た「かくしょう」や、お正月の餅をかたく食べた「はがため」と呼ばれるお菓子を夏至の日に食べる風習があります。これがきっかけとなり、全日本菓子協会による「おやつの日」が制定されました。

「スナック」と聞いて何を思い浮かべますか?ポテトチップスを真っ先に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。そこで、最も人気のあるスナックの 1 つであるポテトチップスの歴史について少しお話ししましょう。ポテトチップスは、アメリカのニューヨーク市で生まれました。ホテルのレストランで食事をしていたお客様から、フライドポテトが濃すぎるとの苦情がありました。そこでフライドポテトを極限まで薄くスライスしたのが、ポテトチップスの始まりと言われています。日本で最初にポテトチップスを販売したのは、カラムーチョやドンタコスで有名な湖池屋でした。

3876

お気に入りのポテトチップスと網走ビールでお祝い!

北海道あばしりビールは1988年創業。ドイツ伝統の醸造法「デコクション」を用いて、深い味わいとコクのあるビールに仕上がっています。

このスナックデーには、お気に入りのポテトチップスと一緒に、非常に特別なゴールデンエールまたはホワイトエールをお試しください。

あばしりゴールデンエールは、美しい淡い黄金色と魅力的な香りが特徴です。原料には地元網走大麦麦芽と数種類のドイツ産麦芽を使用し、麦芽本来の風味とほのかな甘みのあるすっきりとした味わいに仕上げました。使用するホップはマイルドな香りと柑橘の皮を思わせる爽やかな苦味を持つ品種です。醸造法はクラフトビールの本場アメリカやイギリスで広く採用されている「ステップインフュージョン」方式。シンプルながらやみつきになる味わいです。

網走ホワイトエールは、網走産小麦「北の穂波」を使用した他にはない贅沢なホワイトエールです。オレンジピールとコリアンダーシードの柑橘系の香りが小麦のまろやかな味わいと調和。無濾過製法のため、美容と健康に良いとされるビール酵母に含まれるビタミンB群が豊富なスタイルです。


コメントを残す

コメントは公開前に承認が必要です。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。