6月12日は世界ジンデー!日本のジンでお祝い

新生ジャパニーズジン

ジャパニーズ ウイスキーが世界中で熱心なファンを獲得しており、その在庫が驚くべき速さで枯渇していることは周知の事実です。しかし、日本が蒸留のノウハウを生かしたジン作りに力を入れていることは、ジンファンにとっては朗報です。

日本はジンを作ることに関して自然に才能があり、それにはいくつかの理由があります.まず第一に、それは経験を持っています。ジンは日本の老舗蒸留所にとっては新しい分野かもしれませんが、実際には蒸留所が代々完成させてきたベーススピリッツから作られています。例えば、プレミアム米とさつまいもの焼酎は、優しく柔らかな口当たりのジンになります。

さらに、日本には適切な食材があります。主なフレーバーはジュニパーベリーに由来しますが、今日のジンはさまざまなハーブ成分からさまざまな方法で製造されており、さまざまなスタイルやブランドが生まれています.日本には、国際的な料理シーンで人気の柚子、緑茶、山椒など、香り豊かなブーケがあります。これらのボタニカルは、認識可能なジンのフレーバーを作り出しますが、それを明確に日本にしています.

sg181017_01-thumb-570xauto-23070

日本初のクラフトジン

この世界ジンデーに、特別なジャパニーズジンを試してみることをお勧めします!

季の美 (「季節の美」) は伝統にインスパイアされ、日本初のジン専用蒸留所で蒸留、ブレンド、瓶詰めされています。このジンは、特徴的な辛口スタイルで作られていますが、独特の日本のアクセントがあります。

季の美 京都ドライジンは、京都府北部産の黄柚子、ヒノキチップ、竹、宇治産の玉露茶、山椒の実などの日本のボタニカルで作られています。季の美は、酒造りの名産地・伏見の米をベースに、比類のない水を使用。

今年7月には英国で開催されたインターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティションで金賞を受賞し、国際的に高い評価を得ています。

このジンはすべてのジン愛好家のための御馳走です!


コメントを残す

コメントは公開前に承認が必要です。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。