6月11日は梅酒の日!柚子梅酒でお祝い

6月11日は梅酒の日!

入梅は雑節(古代中国から輸入された24の太陽用語とは対照的に、日本の季節に合わせて作られた季節の日)の1つで、毎年6月10日または11日、立春(日本の立春)の135日後になります。太陽の黄経が 80 度に達したとき。

昔、入梅は梅雨の始まりで、日本人にとって田植えの時期を決めるとても重要な日でした。しかし、現在では「梅雨入り」という気象用語が梅雨の始まりを意味する言葉として使われています。梅雨前線の存在が鍵であり、梅雨はこの前線の動きで決まるため、例年より遅くなったり早くなったりすることがあります。

入梅(入梅)と梅雨(つゆ)の両方に梅を意味する漢字が含まれています。この時期に梅が熟すことから、このように名付けられました。日本人が梅を使ったものならなんでも楽しめる季節ですね!

なぜ「梅雨」には「梅」の漢字を?「梅雨」の意味と由来とは |くらしと

梅酒を楽しむ日!

日本には梅を使ったさまざまな食べ物がありますが、梅を楽しむ最高の方法の1つは、間違いなく梅酒です!そのため、日本記念日協会は6月11日を梅酒の日と決定しまし。極上の梅酒を味わうならこの日!

梅酒のトップメーカーの1つが中野BCです。梅酒は和歌山県産の上質な南高梅を使用。梅の美味しさを保つため、梅酒の酸味や甘みを熟練の職人が丹念にチェックし、必要に応じて梅酒の調合やタンクの交換を行う醸造タンク管理を行っています。

ベストセラー商品は、四国産の果実から抽出した柚子果汁と梅酒リキュールを独自にブレンドした「中野BC柚子梅酒」。梅の酸味とゆずのさわやかな香りが調和し、キレの良い味わいです。

2006年の発売以来、人気チャートのトップを走り続けるロングセラーの梅酒で、全国の多くの飲食店で提供されています。 2020年、2021年とリヨン国際コンペティションの酒類部門で金賞を受賞。夏はロック、冬はお湯割りで。ソーダ割りでもさっぱりとした味わいでお召し上がりいただけます。


コメントを残す

コメントは公開前に承認が必要です。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。